北千住に立ち 東武の駅を見るときに・・・

まだ そこにある「中央林間」の文字に 

慣れない・・・

・・・東武がどうして 中央林間へ ??

日吉や中目黒にはすっかり慣れても

デントの駅名は なにか 自分のなかに思い入れがあるようで・・・

北千住でみる 中央林間の文字には まだ どきりとする

東武の電車は シャイだから お召しかえ して デントの彼方へ・・・・

それにしても東武の駅員は

もう茶色いテディベアであることをやめてしまったのだ

いまや紺色の、駅員として普通の制服・・・

ああ、彼らは東武駅員であることを卒業して

きわめて ジェネラルな 駅員となったのだ・・・

  東急さんやメトロさんにバトンをつなぐには この色じゃないと・・・

などと思ったのかどうか

かつて 東武駅員がまとっていた ブラウンの汗と涙は 

いま どのあたりに 行ってしまったのかしら

小菅のあたり 荒川のふもと 

もう あの 暖かな胸は・・・

もう 暖色の駅員は 

この川の向こうに 

いません

<<デント=田園都市線>>

・・・などと懐かしんでいても仕方がありませんね。新しい制服も普通にかっこいいですから・・・・。

今日は詩系イベント?をハシゴしました。まず、梅島ユーコトピアの下町ポエトリーリーディングに参加しました。2日前のブログ記事「アイス・カフェラテ・ドリーミン・カフェタイム」を朗読しましたが途中で自分でも笑ってしまった・・・。わたしの文章、笑えるなあ。

オルタナティブ3の紀ノ川さんが8月14日のイベントをいっぱい宣伝してくださいました、どうもありがとうございます。

また、本日お目にかかりましたあおば様からはipプロジェクトの詩集をお送りいただきました、こちらもありがとうございました。

日本で生まれた韓国の人である全美恵(チョンミヘ)さんの詩が面白かったです。日本で生活するというのは、韓国の人であることが意識される環境なんだなと感じられる詩のうまさ、でした。わたしはそんなふうに、環境が自分にさせていることに対して自覚できているかな・・・・??

チョンミヘさんはこちらのサイトで翻訳のボランティアされているそうです。

http://www.enviroasia.info/

夜は、白塗り宇宙人ハナケンゴのケンゴさんが行う「Dr.脳汁」というパフォーマンスを観にいきました。いまや北村真実ダンススペースにて踊るダンサーという感じですが、今回も最後踊ってくれて、よかったです。身体性を開放しようという意志みたいなものが感じられ、わたしもなんだか楽しく「死んだふり」させられました。

http://ameblo.jp/doctornoujill/

映像のマッドシティーさんにもお目にかかって楽しかったですが、今は別の名前で頑張っておられるとのことで・・・・なんだっけ、どきどきくらぶ、だったかしら、違うな・・・。でも、お元気そうでした。

そういえば昨日唐突に「月報・松岡宮」の増刊号をお送りしてしまいました。届いていないという方、購読をご希望される方は

miya_matsuoka@auone.jp  までご連絡くださいませ~。

なぜか突然、アイドルの中嶋美智代について熱烈に語っています。

毛が濃くたっていいんだよ!!と慰めてくれる偉大なアイドル、中嶋美智代。

♪好きです 好きです あなた、今の気持ちはきっと あの 赤い色・・・、そう、性交渉をしたっていいんだよ、泣きたい心で走った帰り道に・・・股間を開いてもいいんだよ、清純派はそんなことでは汚れないんだ!!ひなげしの花でなくてよかった、無邪気に咲く気にはなれない・・・!そうだ、そうだよ、そうなんだ!!ワイングラスの向こうの性器!!いつもは気づかないけれど 誰かに思われているよ・・・心が信じたあの日の 鐘を 鳴らしていて・・・、そうだわ、そうなんだ。誰もが股間を抱えているんだ・・・・

(歌詞は「赤い花束」「初恋通り」「ひなげし」「思われている」より)

毛深いことが悩みだったわたしは、中嶋美智代のモアモアヘア~と、安室奈美恵のCDジャケでわざと見せている「腕毛」にとても慰められたものでした。

しかし慰められはしたものの、自らの毛を処罰する欲求に負けて、身体の多くの部分を脱毛してしまい、あとは腕だけという感じになってしまいました。

すごい余談になってしまった。