なんだかんだで、インターネット収入用に作ったイーバンク銀行の口座には、10万円を越え、月々調子が良かったら1山田くらいの収入になってきた。昨晩あたりに、ふと考えたのは…。

  1. どうせブログをやるならアフィリエイトをやった方がよいな。
  2. やる人とやらない人の差って何だろう?


 というような事を考えていた。私がアフィリエイトを始めたのは、20代前半くらいからだったか。私のブログ人生は、ずっとアフィリエイトとともにあったし、だからこそ、月1山田越えもある訳だけど。


 なので、同じ時期にブログを始めた人とは、継続しているだけで、年にすると、2万円くらいは変わって来るかも知れないのです。では、アフィリエイトをやらない理由って何かな?と思うと…。

  1. よく分からない。登録とかめんどくさい。
  2. ブログの活動等々を収入に結び付けたくない。
  3. インターネット収入に関する悪いイメージ。
  4. やってもどうせ儲からない。


 とか、そんな感じかな、と思ったのだけど、これは、前に考えたことと、そんなに変わらないな。3とかは、現在どうなのだろう?もうアフィリエイトという言葉を際立てて使うほど、珍しい言葉でもなく、月10万円!とかが如何に難しいかは、分かって来ていると思うのだけど。


 だけど、アフィリエイトをやる弊害は、アクセスとかを気にした記事しかかけなくなるってことだろうか。そもそも、その退避場所として、このブログを作って、そして、ダラダラ書いてたのですけどね。


 まぁ、色々と書きましたけど、ブログ等々の活動を今後考えている方は、アフィリエイトの一つでもやっとけば、10年後、ジャンプ代くらいは稼げるようになっているかも知れない…ということなのです。